京屋酒造有限会社 Kyoya Distiller & Brewer Co.,Ltd.

Facebook


FLASH版パンフレット

FLASH版パンフレット
PDF版パンフレット


京屋酒造の焼酎づくり
(約12分)


Shouchu Production at Kyoya
Distiller & Brewer, Co.,Ltd

(約12分)


Japanese Shouchu Production
(動画 / 約7分 / 700Kbps)


Reportage Movie
(動画 / 約3分 / 384Kbps)


Podcast


* 紹介ビデオをご覧いただくためには Windows Media Player が必要です。
* 紹介パンフレットをご覧いただくためには Flash版閲覧には Flash Player が、PDF版閲覧には PDF Reader が必要です。
* iPodなどの携帯プレイヤーをお持ちの方はPodcastコンテンツをダウンロードしていつでも見ることができます。

京屋酒造の焼酎




創業は天保五年(1834年)と言い伝えられ、伝統・伝承を重んじながら焼酎を造って来ました。 焼酎造りとは、自然の恵みを自然の力で人々の生活に活力与えるものを造ることです。
原料にこだわり、大甕にて少量ずつ丹精込めて焼酎を造っております。
甕の持ちます特性と1甕約800リットルという現代では非常に少量の仕込み方法が、外部より強制的に熱を加えない、奪わない自然な醗酵を可能といたしております。

伝承の大甕仕込み!『焼酎ができるまで』はこちら 伝承の大甕仕込み!『焼酎ができるまで』はこちら
『伝承の大甕仕込み』

農園から初留の一滴まで




「自然で環境にやさしい焼酎造り」を目指し、子会社の農業生産法人(有) アグリカンパニーの農園にて、農薬を使わず有機肥料を用いて「甘藷」や「あいがも米」を栽培し、一部の商品の原料として使用いたしております。

現在の畑の様子はこちら 現在の畑の様子はこちら 現在の合鴨の様子はこちら 現在の畑の様子はこちら
『農園から初留の一滴まで』

豊かな水源はすべての源




京屋酒造の焼酎はすべて天然水をもちいて醸造されます。高さ30m以上の飫肥杉(おびすぎ)が茂る山の中、まるで緑の洞窟のような森の奥からこんこんと湧き出る水を、自然に感謝しながら少しづつ採取して仕込みの水に使っています。

『空と風と大地と』

焼酎づくりへの情熱




美味しい焼酎づくりには、伝統・伝承を重んじながらも新しい味に挑戦していく勇気と情熱が大切だと思います。歴史に甘んじることなく、新しい味を探求します。

新しい味に挑戦!海外受賞商品はこちら 新しい味に挑戦!海外受賞商品はこちら

 
Copyright © Kyoya Distiller & Brewer Co.,Ltd. All Rights Reserved.